お問い合わせケアラーズ・コンシェルとは?

知恵と知識と経験

このエントリーをはてなブックマークに追加

参加者レポート「デイケアセンターの夏祭りに参加して」

地下鉄と都電を乗り継ぎようやく到着した施設では、すでに施設スタッフやボランティアの方々が着々と夏祭りの準備を進めていました。会場の中央には約十数名の高齢者の方々がすでに集まっておられ、それぞれに名前入りのチケットが施設より手渡されます。屋台にはお馴染みのかき氷、綿あめ、どんどん焼き、スイカ等があり、ゲームはコイン落としにゼリー釣りなどがあり、参加者は気が思向くままに好きな屋台を回ります。

こちらの施設を利用される高齢者の方々は、程度の差こそあれ認知症を患われている方が多いと伺っていたが、幸い私は数人の参加者とお話をさせて頂くことができました。一人暮らしのあるご婦人は、一人暮らしだと大きな果物は買えないので今日はスイカを食べることが出来て嬉しかったといい、またある方は馴染みの友達とのおしゃべりを楽しみに参加されておられました。出身地も経験してきた職業も全く異なる参加者全員を満足させるイベントを企画するのは容易いことではないでしょう。もともとおしゃべり好きなご婦人たちはその場の雰囲気を楽しむことに長けているのかもしれませんが、男性陣の中には、なかなか打ち解けられない方もおられます。そんな方にはこちらの方から自己紹介をして屋台を一緒に回りながら世間話をしていると少しずつではありますが、ご自分のお話をして下さいました。

介護施設の性質上、高齢者と介護関係者だけの狭い空間になりがちですが、子供達や若いボランティアの声がそこに加わるだけで場がぱっと華やぎ、高齢者にも良い刺激を与えるようです。特に女性陣のボランティアは普段より少し派手かなと思うぐらいの浴衣を着た方がお祭りのムードが一気に倍増しますので、来年ボランティアを経験してみようと思っている方にはお勧めです。 そして高齢者とお話をする際は一つ一つの言葉をはっきりと話すこと。声の性質にもよりますが、私の話し声は周りの騒音に揉み消されてしまうらしく、補聴器をつけたお年寄りには少々聞き辛かったようです。このように参加したからこそ気づくことがいろいろあり、緊張と蒸し暑さで帰宅後は少々疲労気味でしたが、とても心地良い充実感を感じた午後のひと時でした。

平成27年8月8日
内山 彩世子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

フォトギャラリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのお気に入りページ

  • Your favorites will be here.

働く介護者おひとりさまミーティング議事録

2018.05.18
【27回議事録】「働くこと」と「介護」のモチベーションはどう保つ?
2018.03.16
【26回議事録】専門職とのコミュニケーション~ケアマネジャーとの付き合い方
2018.01.03
【25回議事録】5年目スタートだから あなたの悩みみんなで解決
2017.11.17
【24回議事録】恋も家庭も仕事も介護も全部やる!
2017.11.08
【23回議事録】未来の働く介護者のためにできること
»一覧へ